金属反射防止処理

屋根材や外壁材など建材の太陽光反射をやわらげる

金属反射防止梨地処理(防眩処理)

  • 金属など光を反射する素材の防眩効果(乱反射、拡散反射)
  • 質感向上
  • チタン屋根材 防眩処理

    チタンは腐食に強い特性をもつため、屋根部材に使用されることも多くあります。特に塩害などのひどい腐食が懸念される場合、チタンに光の反射を防止する処理を施した屋根材の使用は非常に有効です。

    anti_reflection-treatment-of-titanium_roof

  • アルミ外壁材カーテンウォール 防眩処理

    外壁は大きな建物であればあるほど目に触れる機会も多いものです。太陽光の反射を防止するだけでなく、表面が半光沢のつや消し梨地肌になるため高級感も生まれます。

    Anti-reflection treatment of aluminum_external_wall

防眩処理用途例

  • 金属屋根材(チタン、ステンレスなど)
  • 開口部材(ドア、シャッター、間仕切りなど)
  • 景観材料・エクステリア(塀、フェンス、遊具など)

金属反射防止梨地処理(防眩処理)について

  • 金属は光を反射しやすい性質を持っています。
  • 梨地処理を施すことで表面に凹凸が生まれ、光を乱反射(拡散反射)するため眩しさを和らげます。
  • 屋根材や景観材料など、特に広範囲において金属を使用する場合には防眩処理をおすすめします。
  • 塗装前の下地処理効果も期待できるため、塗料の乗りや持ちも向上するメリットもあります。
※ 表面の質感に高級感を持たせるための梨地処理は、『粗す』カテゴリのつや消し梨地処理
※ 塗装前の下地処理(塗装前下処理)を施す梨地処理は、『粗す』カテゴリのつや消し梨地処理

リンク一覧

運営会社ホームページ
表面処理をトータルサポート

ショットブラスト・サンドブラスト
中古ブラスト機専門サイト

ページ上部へ戻る