塗装下地処理・コーティング下地処理

ペンキ、溶剤、油などの塗布前、コーティング加工前に

塗装下地処理・コーティング下地処理

効果

  • 塗装剥がれ、塗料落ち防止
  • 塗布ムラ防止
  • 保油性向上
  • アルミ建材板メッキ塗布前の下地処理

    下地処理を施すことにより密着性が高まるため、メッキの塗料の寿命が向上します。

    aluminum_external_wall-titanium_roof

  • 工具のカラー塗料塗布前

    カラー塗料は特に塗布ムラが色ムラとして顕著に表れるため、下地処理を行うことをおすすめします。表面の細かな凹凸に塗料が入り込むため、色ムラなく均一に仕上げることができます。

    surface_treatment-before_painting

  • 炊飯器内蓋テフロンコーティング前下地処理

    テフロンコーティングは非常に剥がれやすい性質を持っており、下地処理を行わない場合短期間で剥がれ落ちてしまいます。ブラストで表面を粗し、コーティング前の下地処理は必須です。

    surface_treatment-before_teflon_lined

下地処理加工例

  • 塗装前処理
  • 溶射前処理
  • アルマイト処理前
  • メッキ処理前(メッキ剥がれ防止)
  • テフロン加工(テフロン塗装)前
  • ホーロー塗装(琺瑯加工)前
  • 接着前処理
  • ロー付前処理
  • DLC コーティング(ダイヤモンドライクカーボン)前
  • 溶接前処理
  • PVD コーティング(物理蒸着)前
  • CVD コーティング(化学蒸着)前

塗装下地処理・コーディング処理について

塗料の場合は素材や製品への塗料の密着性を高めることで均一な塗布や塗装剥がれを防止、成形(成型)用の金型等の場合は保油性が高まるため、材料や離型剤かすの付着を防止します。
ブラストによって表面を梨地状に仕上げることで製品の表面積(塗布面積)が広くなり、細かな凹凸に塗料や溶液等が入り込むため、密着性が高まります。
コーティング剤による下処理よりも乗り・持ち共に優れていることが特徴です。
表面が滑らかになるため、仕上がりの美しさも実感できます。

リンク一覧

運営会社ホームページ
表面処理をトータルサポート

ショットブラスト・サンドブラスト
中古ブラスト機専門サイト

ページ上部へ戻る